確定拠出年金のメリットは?

| コメント(0) | トラックバック(0)


確定拠出年金とは、
公的な年金に加えて老後に貰える年金を増やそうとする年金制度の事です。


従来の年金制度とは違って、
自分の判断によって資産を運用するというのが大きく違っている点で、
現在では多くの人が加入する制度となっています。

ただ中にはただ何となく加入しているという人もおり、
正しく確定拠出年金が何かという事を知らない人も珍しくありません。

では、この年金制度の大きなメリットとは一体何でしょうか。

メリットの一つは、掛け金が全額所得控除となるという事です。

ですので、FXなどやっている人は税金対策としている人もいます。
ちなみにFXの手数料はどこもかなり低いそうです。

個人年金保険の場合も控除対象となりますが、
この場合は支払った保険料の全額ではありません。

最大でも所得税の場合は4万円までとなっています。

したがって、それに比べてもはるかに魅力的だと言えるでしょう。

また、投資信託の分配金が非課税となります。

現在人気が出てきているNISAの場合も非課税期間は有りますが、
この場合は5年間か10年間となっています。

しかし確定拠出年金の場合は運用期間中ずっと非課税となるので、とてもお得です。

もう一つ知っておくべきメリットは破たんのリスクがないという事です。

国民年金に関しては積立金の不足が発生しています。

しかし確定拠出年金は個人単位での管理となるので、
運用リスクは多少はありますが、制度自体が破たんしてしまうという心配はないと言えます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://fk-gc.com/mt-tb.cgi/2

コメントする