確定拠出年金の注意点は?

| コメント(0) | トラックバック(0)

確定拠出年金は、公的年金を補完する、
いわゆる自分年金のことで、企業型と個人型があります。

毎月の掛け金については、全額所得控除が受けられ、
投資信託の分配金などが非課税になり、
さらに年金として受け取る時も控除があるなど、
節税のメリットが大きくクローズアップされて話題になっていますが、
いくつかの注意点もあります。


まず、第1の注意点は、
確定拠出年金では、自分が運用の責任を負い、
自分で運用先を決めて運用していかなければならないことです。

元本が保証されている商品もありますが、
投資信託などになると、
運用次第で将来の受け取り額が増えることもあえれば減ることもあります。

投資経験のない人にとってはハードルが高く、
慎重に運用していかないと大きく損をしてしまう可能性もあります。

例えばFX初心者ならFXはいくらからできるのという疑問があると思いますが、
リスクを低くしたいので、できるだけ少額でと思っている人もいるでしょう。
業者の中には少額、高額で取引出来る所があります。
どちらでも上手に運用すればFXでも儲けることができます。

2つ目の注意点としては、60歳になる前に退職した場合、
途中で解約して現金を受け取ることができないことです。

掛け金を減らすなどの変更はできますが、余裕資金がないと続けていくのは大変です。

さらに3つ目の注意点として、
口座管理料や将来の年金の受け取りの際に手数料がかかるということです。

何十年もかけて年金を受け取るのにいちいち手数料がかかるのは考えものです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://fk-gc.com/mt-tb.cgi/3

コメントする