確定拠出年金の最近の記事


nenkin2.jpg


確定拠出年金には企業型と個人型があります。

企業型は、厚生年金基金や確定給付企業年金といった
従来の企業年金に変わる第3の企業年金とされています。

特徴は、個人別に資産を管理し、運用は個人が行うことです。

企業側は、元本のみを出資して、運用は個人の自己責任によります。

ただし運用の結果によっては、
従来の企業年金よりも自由にできるため、大きな利益をあげることが可能です。

確定拠出年金の個人型は、
企業年金制度がない会社に勤めている場合や自営業の人が加入できます。

掛金は全額所得控除の対象となり、所得税や住民税の軽減に繋がります。

また運用益は非課税ですし、受け取る際は一時金であれば、
退職控除が使えるというメリットがあります。

一方デメリットとしては、積立金額は60歳になるまで途中引き出しができないこと、
扶養に入った場合などに積立ができなくなることです。

しかし確定拠出年金は、比較的新しい年金制度のため、現在法令改正が進んでいます。

アメリカの401Kをモデルに、10%のペナルティを払えば途中引き出しができたり、
専業主婦になっても引き続き積立が可能になるといった法案が提出されています。

数年中には施行され、より便利になるでしょう。


確定拠出年金の導入している企業で働いていなくても、
条件さえ満たせば個人で加入することができます。

条件とは、自営業で国民年金支払っている場合、
もしくは働いている企業で企業年金に加入していないことです。

掛金は、それぞれの立場によって下限と上限が決まっています。

自営業の場合は月に5000円から68000円まで、
企業で働いている場合は月5000円から23000円までです。

掛金は、全額所得控除の対象となりますので、所得税や住民税が軽減されます。

自営業の場合は確定申告時に申し出て、
企業で働いている場合は年末調整で提出すれば良いのです。

例えば月に20000円を拠出した場合は、年間24万円になります。

所得税が20%であれば、ざっと計算して24万円×20%で48000円の節税になります。

また確定拠出年金は、運用益が非課税ですし、取引に上限はありません。

上限のNISAと比べると、かなりの節税を期待できます。

さらに受け取る際は、一時金であれば退職所得控除が使えます。

ただし注意点としては、拠出した分や運用益は、
60歳まで途中引き出しができないことです。

そのため無理のない金額を設定して拠出を行う必要があります。

確定拠出年金は、公的年金を補完する、
いわゆる自分年金のことで、企業型と個人型があります。

毎月の掛け金については、全額所得控除が受けられ、
投資信託の分配金などが非課税になり、
さらに年金として受け取る時も控除があるなど、
節税のメリットが大きくクローズアップされて話題になっていますが、
いくつかの注意点もあります。


まず、第1の注意点は、
確定拠出年金では、自分が運用の責任を負い、
自分で運用先を決めて運用していかなければならないことです。

元本が保証されている商品もありますが、
投資信託などになると、
運用次第で将来の受け取り額が増えることもあえれば減ることもあります。

投資経験のない人にとってはハードルが高く、
慎重に運用していかないと大きく損をしてしまう可能性もあります。

例えばFX初心者ならFXはいくらからできるのという疑問があると思いますが、
リスクを低くしたいので、できるだけ少額でと思っている人もいるでしょう。
業者の中には少額、高額で取引出来る所があります。
どちらでも上手に運用すればFXでも儲けることができます。

2つ目の注意点としては、60歳になる前に退職した場合、
途中で解約して現金を受け取ることができないことです。

掛け金を減らすなどの変更はできますが、余裕資金がないと続けていくのは大変です。

さらに3つ目の注意点として、
口座管理料や将来の年金の受け取りの際に手数料がかかるということです。

何十年もかけて年金を受け取るのにいちいち手数料がかかるのは考えものです。


確定拠出年金とは、
公的な年金に加えて老後に貰える年金を増やそうとする年金制度の事です。


従来の年金制度とは違って、
自分の判断によって資産を運用するというのが大きく違っている点で、
現在では多くの人が加入する制度となっています。

ただ中にはただ何となく加入しているという人もおり、
正しく確定拠出年金が何かという事を知らない人も珍しくありません。

では、この年金制度の大きなメリットとは一体何でしょうか。

メリットの一つは、掛け金が全額所得控除となるという事です。

ですので、FXなどやっている人は税金対策としている人もいます。
ちなみにFXの手数料はどこもかなり低いそうです。

個人年金保険の場合も控除対象となりますが、
この場合は支払った保険料の全額ではありません。

最大でも所得税の場合は4万円までとなっています。

したがって、それに比べてもはるかに魅力的だと言えるでしょう。

また、投資信託の分配金が非課税となります。

現在人気が出てきているNISAの場合も非課税期間は有りますが、
この場合は5年間か10年間となっています。

しかし確定拠出年金の場合は運用期間中ずっと非課税となるので、とてもお得です。

もう一つ知っておくべきメリットは破たんのリスクがないという事です。

国民年金に関しては積立金の不足が発生しています。

しかし確定拠出年金は個人単位での管理となるので、
運用リスクは多少はありますが、制度自体が破たんしてしまうという心配はないと言えます。


確定拠出年金とは、国民年金や厚生年金などの公的年金に加え、
老後にもらえる年金を増やすための年金制度です。

近頃、退職後に支払われるお金として、多くの企業で導入されています。

退職金や確定給付金といった従来の企業年金と違い、
年金を自分で運用するという点が確定拠出年金の最大の特徴です。

退職金の制度として確定拠出年金を導入している企業は、
従業員ひとりひとりの専用口座にお金を積み立てます。

それを、従業員が自身の責任において資産運用することになります。

確定拠出年金のメリットは、税制上の優遇がある点が挙げられます。

運用によって生じた利益は非課税ですし、
年金として受け取る際も税金を抑えることが可能です。

また、破綻のリスクを回避できる点もメリットです。

万が一、企業が倒産してしまった場合でも、確定拠出年金であれば全額保護されます。

転職した場合でも、引き継いで資産運用は可能です。

対し、デメリットは、自己責任で運用しなければならない点です。

お金を引き出すことができるようになるのは原則60歳からですが、
その際、どれだけの資産になっているかは運用次第になります。

多くの資産を得るには、ある程度の運用知識が必要になるのです。
こんなところを参考にしてみるのがおすすめです。→http://xn--fx100-9z9o36q.net/

nenkin.jpg